アクティブな項目をソリューション エクスプローラーで選択された状態にする

いつも不便に思っていたこと。

それは、今見ているファイルがどこにあるのかが分からないこと。

 

プロジェクトが規模の小さい物ならそれでもいいが、規模が大きいプロジェクトは、その分ファイル数やプロジェクトとしても複数のプロジェクトが関連していて、そのファイルがどのプロジェクトのどのファイルなのかがわかりにくい。

 

でもそんな悩みも、次の設定を行えば解決します。

ツール>オプション>プロジェクトおよびソリューションを選択します。

※ツール>オプション 直後だと、「環境」が一番上にいるかのように見えますが、スクロールすると、一番上に「プロジェクトおよびソリューション」という項目があります。

 

 

「アクティブな項目をソリューション エクスプローラーで選択された状態にする」にチェックを入れて、「OK」ボタンをクリック。

これでOK♪

 

vssettings

 

 

この設定を行うと、

今現在見ているファイルに自動的にフォーカスが当たって、ソリューションエクスプローラに反映されるので、すぐ分かります。

vsscreenshot

 

 

個人的には、デフォルトでそうなっててほしいのですが、どうもそうではないみたいです。

もっと早く知りたかったなぁ。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です