typescript 列定義ファイルってC++のヘッダーファイルみたいなものかと思っていた件

まったくの勘違いでした。

typescriptを使う場合は、列定義ファイルは必要なかった。

どこでそうなったか、クラスの宣言やらメソッドの宣言やらを書いていくので、だんだん「C++みたい」と感じていたからかもしれない。

一生懸命d.tsファイルを手書きで作成すれども、コンパイルエラーがなくならない

 

「Duplicate 〜」というコンパイルエラーがどうやっても消えなくてかなりはまった。

でも、なんてことはなかった。

typescriptで使用するクラスならば、列定義ファイルはいらなかったのだ。

呼び出し部分では書いていないが、「/// <reference path=”〜.ts”/>」を書いて、参照できるようにしておけば万事OK!

いろいろと思い悩んでいたのですが、これでスッキリしました。

 

 

最後に、

「/// <reference path=”〜”/>」に拡張子を入れなくても正しく動作しました。

コンパイルエラーにもならない。

別に書かなくてもいいのかな?

これについては、ちゃんと確認したわけではないが、実際に動作はしているので、書かなくても問題ないのかも。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です