普通救命講習に参加してきました。

先日、普通救命講習に参加してきました。

頭ではわかっていても、実際にやるのとでは、全然違いました。

救急車が来るまで

119番がコールされてから現場に到着するまでの時間は、東京都では、だいたい平均8分程度ということでした。

その8分間の間に何をするかで、命が助かるかどうかの可能性がかなり違うようです。

 

胸骨圧迫

ドラマなんかでも、よく心臓マッサージの場面を目にします。

なんとなくこんな感じでやればいいのかな、というのはわかっているつもりでしたが、なんとなく分かっているのと、実際にやってみるのとでは、全然違いました。

普段通りの呼吸ができていない人に対し、胸骨圧迫をやることになった場合、約30回の胸骨圧迫を行い、2回人工呼吸をします。

これを1セットとして、だいたい5セットで2分ぐらいだそうです。

救急車が到着するまでのあいだ、これを行う想定だと、単純計算で、20セットやることになります。

やってみて感じたのは、講習では時間の都合上、そこまで長時間の実践を行いませんが、2分間でもかなりの疲労感を感じたこと。

もし、協力者がいない場合は、相当大変なんじゃないかなぁと感じました。

 

AEDの使い方

私が普通免許の講習を受けていた時代は、AEDがない時代だったので、今回が初めてでした。

電源を入れると音声が出て、指示に従っていけば大丈夫とのことでしたが、これも、実際に動作させてみるのと見ないのとでは、本当にそういう場面に遭遇したときに正しくできるのかどうか。。

やることは、本当に音声ガイダンスに従っていけばいいのですが、その間も胸骨圧迫や、人工呼吸が必要になってくるし、音声ガイダンスの指示に従うだけではダメなんだというのを痛感しました。

多少何をやるのかが分かっていれば、気持ち的にも少し余裕ができてきますし、複数人の協力者がいれば、一人はAEDの操作、一人は胸骨圧迫と人工呼吸など、分担することができます。

まとめ

万が一のためにある程度自分の中に知識や技術を身につけるためには、1回受講しただけでは、ダメだなぁと実感しています。

例えば年に1回とか、定期的に講習を受けることによって、初めて本当に必要になったときに役だってくるように思います。

自分の大切な人を守るため、災害に遭遇したときに誰かの命を救うため。

1人でも多くの方が、こういった技術を習得していればもっといいのかなぁと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です