走る衝撃!!!

昨日の夜のこと。。

仕事から帰り、ご飯を食べ、明日の準備をしていました。
悲劇は米を研いでいるときに起きました。
台所の下にある米を取ろうとしたそのとき、

真後ろにあるキッチン棚の見開きの扉が開いていて、何も知らずに米をとるべく座り込もう
としたとき、そのまま扉のかどっちょがちょうどおしりの割れ目にジャストフィット!
ひどく昔に味わったことがあるような、かんちょ~されたときの痛み!!
でも今回はそれを超越していたような気がする。
少年漫画でよくかんちょーされて青ざめているような描写があるけど、まさにそれ!
いやほんと青ざめた!
だってクチビル触ったら冷たくなってるんだもん。

しゃれにならない痛みだった。
何かにぶつかったとか切れたとかいう痛みの種類じゃないんだよね。
ほんと数分間動けなかったよ。
問題の扉は自分で開けっ放しにしたんだけどね(汗)

なんでもそうだけど、やりっぱなしは良くないということを改めて思い知らされました。
まだおしりが痛いです。
気をつけよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です